示談の準備

事故発生直後の対応を前述しましたが、示談を行うまでにどのような準備が必要なのでしょうか。近年はドライバーも任意保険に加入している事がほとんどで、被害者と加害者が直接示談するのではなく、加害者の代りに相手の保険会社の職員と交渉するケースが多いといえます。ですから、相手は示談のプロになり、加害者側優位に話を進めようとします。そこで、示談金の相場を事前に知っておくことが重要になりますので、把握するようにしましょう。

準備する書類としては、物損事故、人身事故に関わらず交通事故証明書が必要になってきます。その他物損事故の場合、修理の見積もり書などが必要になってきます。人身事故の場合、傷害・死亡事故に共通する書類としては、事故状況証明書、診療報酬明細書、給与明細など様々な書類が必要になってきます。また、傷害事故の場合は前述した書類に加え、診断書、後遺障害診断書などが必要になってきます。ポイントとしては、後遺障害診断書は後々受け取れる示談金の金額に関わってくるので決して焦らずに、後遺障害に詳しい病院で診断を受け、適正な等級認定を受けるようにしま しょう。死亡事故の場合、死亡診断書・死体検案書、葬儀代の領収書などが加えて必要になります。このように、示談にはたくさんの書類の準備が必要ですが、きちんと準備するようにしましょう。